にしきた商店街について

■にしきた商店街について

にしきた商店街は、阪急・西宮北口駅北西部に広がる商店街です。
アーケードや専用通路のない地域型商店街で、加盟店舗130(2014年1月1日現在)。
うち51店舗が飲食店、学習塾、銀行なども建ち並んでいます。

街の中には、自然の川・津門川が流れています。
この川には、鯉やなまず、フナ、アユなど、たくさんの魚や動物が住んでおり、水生植物も四季折々の姿を見せてくれます。
にしきた商店街では、この川を守り育てるために、周辺住民の皆さんと市内大学生と一緒に勉強会をしたり、月に1度の川掃除を行っています。

西宮北口駅前の「にしきた公園」は、不法駐輪対策としての地下駐輪場を備え、西宮市によって2011年2月にリニューアルされました。
この地下駐輪場には、400台の自転車が収容できるようになっていますが、この公園の中になまずのプレートが埋め込まれています。
このなまずは、津門川に棲んでいるなまずをイメージしたものです。

年間行事として、「七夕まつり」「サマーフェスティバル」「LALALA「ミュージシャンコンテスト予選(西北活性化協議会主催)」「歳末フェスティバル」「にしきたコルミナリエ」などのイベントを行っています。
にしきた商店街をゆっくり歩いていただけば、きっとお気に入りのお店を見つかることでしょう。
お気軽にお越しください。

↑ページトップへ